売るな!書け!見せろ!サロンワークでの販売のポイント

サロンワークをされている方は概ね販売が苦手だと言います。

それは自分は技術者であり、技術を売るので物を売るセールスなんて得意じゃないと思っているフシがあります。

それは大概がセールスとはその気の無い人に無理やり押し売りする、みたいなイメージがあるからではないでしょうか?

でも、よくよく考えてみて下さい。

多くの人は常に自分が気に入る商品を探しているものなのです。特に女性などはお買い物が大好きで、新しい商品の話を聞いたり見たりするのが大好きです。そして最後は気に入った商品を買えば、とても嬉しい。

要は、みんな自分の意思で「買った」と思いたいものなのです。

そこを周到すれば、基本的にサロンで施術だけしていても商品は売れます。

大切なのは「売る」という行為をするのが大事なのでなく、売れる「仕組み」を作ることが大事なのです。

その「売れるしくみ」について動画で解説しました。

[adsense]

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 商品の価格設定をする時に必要な考え方

  2. 伝わる文章、伝わらない文章

  3. ビジネスに於いて「儲ける」ということの概念

  4. 普通の人が普通に成功出来る時代、それが今

  5. 独立起業を目指す女性で成功確率の高い性格とは

  6. インスタグラムのビジネス活用術美容師さんの場合

  7. ビジュアル系のモデルさんのようなお仕事をしている方々のサイト作り

  8. 価格設定について【質疑応答】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 68現在の記事:
  • 107今日の訪問者数:
  • 191今日の閲覧数:
  • 147昨日の訪問者数:
  • 179昨日の閲覧数:
  • 64691総訪問者数:
  • 86731総閲覧数:
  • 140一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: