目標達成に必ず通らなければならない道「プラトー」

何か目的を決めて自分が成長しようと思う時、その目的に向かって技術を向上させたり、知識を増やしたりします。

それはワンランク上のプレーヤーを目指すスポーツだったり、売上を伸ばす自分の事業だったり、副収入を考えてする副業のアフィリエイトだったりどんなものでも共通します。

その成長を示すものをグラフにした時、その成長曲線はキレイな正比例グラフではなく、階段みたいな形で上昇していきます。

[adsense]

plateau

そしてその階段はある時に段が無くなり、とてつも長い踊り場(プラトー)に出くわします。それは延々と平坦であり、自分の成長が全く感じられなくなる魔の平たん路です。

山を登っている人が、途中まで順調に山道を登ってきました。ところが急に山道がなくなり、目の前には平坦な高原が広がっているではありませんか。歩いても歩いても平坦な道しかありません。その人は「もうここが山頂なんだ」と思い、山を降りてしまいました。

歩き続ければ、再び登れる道があるとも知らずに。。

・・・というお話で、プラトーとは「高原」を意味します。

plateau2

これは「練習の階級説」あるいは「プラトーの理論」を説いたブライアントハーターという心理学者の理論です。

この「プラトー」の間というものは、どんなに練習しても上手くなれない。どんなに営業しても成績が上がらない。どんなに記事を書いてもアフィリエイトとしての収益が実らない。という状態がプラトーの状態です。

このプラトー(高原)は、階段を昇ろうとする人は誰もが通る道です。

ですから、上昇意欲がある限り、プラトーはどんなに才能がある人でも、野球でいえばイチローのような超一流選手であっても避けて通ることはできません。

人間は成果の現れない作業、仕事を強いられるのが一番苦痛です。

それもやらされているのでしたらまだ諦めも尽きますが、自分の意識でやっていることに関しては苦痛を通り越してまるで地獄に感じる時もありましょう。

自分の意志でやっていることなので、極度の苦痛を感じれば人はその状態を止めます。それが目的を達せない理由のひとつです。

目的を持って「やる」ことは簡単ですが「やり切る」ことは至極難しい。

だから何事も95%の人は挫折していくのですね。

だからがんばりましょう、で締めくくれば単なる「プラトー」の説明だけになってしまいますので、僕流のこの「プラトー」の克服方法を参考に書いておきます。

僕が思うにこの「プラトー」、延々成果の出ない状態の克服方法は唯一「強固な最終イメージ」が持てるか否かだけだと思っています。

これも何度も何度も僕が言ってることですが、自分が描く目標の達成の近道は「イメージ作り」です。これがないと始めることも出来ませんし、進むことも、そして達成することも出来ません。

しかし「イメージ」がはっきりと自分の中で決まれば、成果が出ない状態でも進んでいける原動力となります。

はっきりしたイメージさえあれば、こっちがダメならここからはどうだ、ここからもダメならこうしたらどうだ、と諦めることを忘れて挑んでいけるのです。

成功者はある程度の「偏執狂」だと僕は思っています。

偏執狂は自分が思うことをただただ集中して考えて、考えて、考えて、考え抜きます。それは良い意味では天才と呼ばれ、並はずれた才能と言えるでしょう。

考えを持続して努力するには「集中力」という力が必要となります。

継続する集中力は、成功への必要条件です。

[adsense]
The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 売るな!書け!見せろ!サロンワークでの販売のポイント

  2. 伝わる文章、伝わらない文章

  3. 恋愛、スポーツ、ビジネスに共通する大事な要素「踏み込む力」

  4. 名刺作成時に絶対気を付けたい4つのポイント

  5. 僕が現代のホグワーツ、シンパシィに辿り着いた道のり

  6. 10000時間費やしたあなたの知識は必ず収入に変換出来る

  7. 普通の人が普通に成功出来る時代、それが今

  8. ビジネスで成功する女性の恋愛論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 138現在の記事:
  • 104今日の訪問者数:
  • 126今日の閲覧数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 176昨日の閲覧数:
  • 60272総訪問者数:
  • 80755総閲覧数:
  • 116一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: