普通の人が普通に成功出来る時代、それが今

僕は今、インターネットをメインとしたマーケティングを多くの人に教えていますが、単にノウハウを教えるだけでなく、その人自らをもプロデュースします。

昔は脚本家と舞台演出を本業としていましたので、今でもビジネスを展開する手法は、ステージ演出するのと同様に「いかに魅力的に見せるか」「いかにそのオーナーを輝いてスポットライトを浴びせるか」ということを基本に構築しています。

ですので、僕が創るマーケティングは商品・サービスとその提供者が一体となってプロモートされるわけです。

[adsense]

SNSという個が繋がり、個が重要視される今は、この情報提供する個人自体がビジネスでもメインとなり輝かなければいけないと思っております。

これが今という時代に合った、マーケティングなわけです(^^)

2000年代にブログというものが流行しました。

それが進み、SNSが台頭してきました。

SNSがなぜ流行したのか?

というのは、それは自己表現出来る楽しさを多くの人が覚えたからです。

facebookでの料理画像の投稿、愛犬愛ネコの投稿、旅先での投稿、あれらはすべて自己表現としての情報を発信して、そこから来るリアクションを楽しんでいるのです。

今はまさしく総アーティストな時代となったわけです。

身の周りのどんなものを投稿しても、身近に繋がっている人たちから「いいね」を貰う。する方もされる方も、今まで経験したことがないのでそれがおもしろい。

でも人間ちゅうものは、いつかしかどんなものにでも飽きが来る。

「もうそんなに料理の写真ばかりはいいよ」

「もうお前ん家のイヌの顔も覚えたから!」

という声も聞えてチラホラと聞えそうな、投稿ばかりでいつかしかいささか飽きも来るだろう。

そういう時に、少し輝いて見える人がいて、少しばかり興味があったり、「いいなぁ」と思う人がいれば、多くの人はありきたりな投稿から一挙にそちらの情報発信へと流れていくだろう。

それがこれからのSNSの方向性だと僕は思っている。

ということは、これからは普通の人が少し輝く情報を発信すれば多くの人に注目を浴び、口コミとなって広がる。そしてその情報が価値あるもので、有益なサービスであれば、それは立派な個人ビジネスとなり得る。

それが僕が提唱している個人ビジネスのモデルの在り方なんです。

インターネットの創世記は、ある一部の突出した人だけしか成功出来なかった。残りの99%の人は、そういう成功者を指を咥えて見ているだけしかなかった。

でも、今は違う。

誰でも少しだけ突出すれば、自分でも納得するビジネスが構築出来る。

女性でもというか、女性だからこそそれがより可能になった。

なぜならSNSというのは、非常に女性に特化したツールだからです。

そして時代も女性エネルギーの強い時代となっているからです。

普通の人が、普通に成功出来る時代。

それが今です(^^)

[adsense]
The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 目標達成に必ず通らなければならない道「プラトー」

  2. ビジネスに於いて「儲ける」ということの概念

  3. 10000時間費やしたあなたの知識は必ず収入に変換出来る

  4. 恋愛、スポーツ、ビジネスに共通する大事な要素「踏み込む力」

  5. 僕が現代のホグワーツ、シンパシィに辿り着いた道のり

  6. 伝わる文章、伝わらない文章

  7. 価格設定について【質疑応答】

  8. 自分らしく稼ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 84現在の記事:
  • 87今日の訪問者数:
  • 127今日の閲覧数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 147昨日の閲覧数:
  • 54496総訪問者数:
  • 72307総閲覧数:
  • 83一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: