マーケティングの基本

自分でするビジネスというものは、自分が出来る事を社会に提案して、その提案に共感・賛同して貰うことです。

そしてあなたとあなたのサービスを求めている人との間で、サービスと代価の交換をすることをビジネスというわけです。

これが僕が教えるマーケティングの基本的な形です。

「人に勧めるのに抵抗がある」という人は、この形を周到することです。

自分が出来る情報を多くばら撒けば、それを必要とする人は必ず出てきます。手を挙げた人にだけ、伝えればなんら問題はありません。

その情報を個人でも出来るだけ多くばら撒けるツールが、インターネットでありブログでありfacebookが最も便利だというわけです。

自分の情報を発信する媒体は、人を振るい分ける役目を果たします。必要でない人はその情報を見ても反応しません。必要だという人は、こちらになんらかの形でコンタクトしてきます。

情報を受け取る相手の反応まで考えてしまうので、「伝える」という行動を躊躇するわけです。相手の反応は、あくまでも相手のすることなのでこちらが考える必要はありません。というか、無意味なことなのです。

好きな相手に告白する場合でも、断られるかもしれない、というネガティブ予測が告白することを躊躇わせるわけです。でも、その答えは、自分で考えたところでどうしようもないということです。

こういう癖のある人は、最終的に後悔を人生においてする確率が高い。

出来れば、修正する方がいいでしょうね(^^)


➡Amazonで詳細を見る

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. ビジネスで成功する女性の恋愛論

  2. 恋愛、スポーツ、ビジネスに共通する大事な要素「踏み込む力」

  3. インスタグラムのビジネス活用術美容師さんの場合

  4. 伝わる文章、伝わらない文章

  5. プロフィール文の重要性

  6. 成功する人になる為のマインドセット

  7. ビジネスに於いて「儲ける」ということの概念

  8. 売るな!書け!見せろ!サロンワークでの販売のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 27現在の記事:
  • 27今日の訪問者数:
  • 32今日の閲覧数:
  • 59昨日の訪問者数:
  • 101昨日の閲覧数:
  • 42914総訪問者数:
  • 54983総閲覧数:
  • 54一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: