LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(11)

今回はLINE@の勧誘をするための方法とそれに必要なツールを解説します。

前回はブログやfacebookを使ったネットでの集客方法を解説しましたが、アナログ式に集客出来るツールを設置することで、半自動的に登録者を集めることが出来ます。

良い仕組みというのは、一旦そのシステムを稼働させれば自動的に自分が望む事が起こる仕組みを「良いシステム」と言います。

とにかくやれる仕掛け作りはすべてやってみましょう。

LINE@ロゴ取得

LINE@を広く宣伝する際にLINE@ロゴが必要となります。

LINE@は「自己のLINE@アカウントを紹介する目的にのみ」LINE@ロゴを使うことを許可しており、使うロゴを用意してくれています。

なおLINE@ロゴは規定のものだけを仕様し、ロゴデータは変形や加工せずそのまま使用することを原則としています。

LINE@ロゴ使用の規定とダウンロードは以下のLINE@公式ページを参考にして、ロゴマークもそちらから取得して下さい。

➡LINE@ロゴの利用について

チラシ&フライヤー

LINE@募集用のA4大のチラシや小さめのサイズのフライヤーは、みなさんも街の何処かで見かけた事があると思います。

チラシには店名を入れてLINE@をはじめたこと。そしてLINE@への完結な登録方法の説明をわかりやすく記載するのがポイントです。

サンプルとしてWordで制作しチラシをダウンロード出来るようにしておりますので、データの店名やQRコードを入れ替えるだけですぐに使えるようにしました。

どうぞご自由にダウンロードしてお使い下さい。

➡LINE@チラシのダウンロード

LINE@募集ツールの設置場所

LINE@の募集チラシ、フライヤーは店内のテーブルの上にスタンドに入れて立てて下さい。

メニュースタンド 【ESS-4 B】[シンビ メニュー スタンド タテ]

またトイレの中も有効です。その他名刺の裏、路面店なら通行人に見えるポップなども設置すればいいと思います。アイデアで可能な限り宣伝しましょう。

LINE@では登録者を集めることが初動で大切です。でもせっかく登録してくれた人が、継続して自分たちが発信するメッセージを受けてくれることがさらに大事になってきます。

でも集まるお客様の興味事が曖昧な飲食店などは、一体どんな情報を発信すればいいのかネタが詰まってくる事も多々あります。

次回の記事では飲食店のLINE@を続けて受けてくれるワザを伝授します!

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(1)

  2. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(6)

  3. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(10)

  4. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(7)

  5. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(5)

  6. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(9)

  7. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(2)

  8. LINE@活用法その設定から有効な使い方まで(12)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 68現在の記事:
  • 34今日の訪問者数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 146昨日の訪問者数:
  • 190昨日の閲覧数:
  • 57862総訪問者数:
  • 77366総閲覧数:
  • 135一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: