頑張るぞ!と思わぬ境地まで頑張る

目標を設定すると、多くは「頑張るぞ!」と意気込む。

それはその目標は自分にとって難しいものである、という裏返しの深い心理に犯されている。

美味しそうなラーメンを目の前に箸と共に置かれて「どうぞ召し上がって下さい」と言われた時に「よし頑張るぞ!」とは思わない。

それはその箸でラーメンを食べることになんら失敗する恐れがないからである。

自転車にすでに乗れる人が、自転車を目の前にして「頑張って乗ろう」と思わない事も同じ。要は、出来ることはそんなことをいちいち思わず出来るのである。

「頑張るぞ!」という掛け声は、そのプラス意欲と同等のマイナスのベクトルがその裏側に存在している。だからなかなか上手くいかず、そして悲観する。

物事を達成したい時には単に「自分は出来る」と信じ、淡々と訓練を作業的にすることだ。そこにけっして感情を入れることなく「自分は出来る」と出来るまで繰り返す。

これが「頑張るぞ!と思わぬ境地まで頑張る」の意味。

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 保護中: 集中力講座

  2. ビジネスに於いて「儲ける」ということの概念

  3. 潜在能力(精神)開発

  4. 能力発揮の公式

  5. ビジネスを成功させる要素・速度の一致性

  6. 最終的に出来ない原因は「執念」の欠如だけである

  7. 成功する人になる為のマインドセット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 101現在の記事:
  • 91今日の訪問者数:
  • 133今日の閲覧数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 147昨日の閲覧数:
  • 54500総訪問者数:
  • 72313総閲覧数:
  • 83一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: