四国徳島「とりの巣カフェ」からの瞑想便り

私は新月の昨夜、とりの巣カフェで義妹と友達の3人で珪素瞑想を実践。

2人とも、それぞれに瞑想を自分なりにやってるみたいですが、なかなか続かずだったみたいで、私も同じだったけど今はカフェ終了後毎日続けてて、とっても心地よくて毎日やりたい‼️って思うし楽しみなんよ。って話したら、一緒にと言う事になり、10分瞑想しました。

終わったら2人とも気持ちいい〜って感じで、毎日続けたい🎵と感想。また瞑想中頭のてっぺん(第七チャクラ)にパワーを感じたとの事でした。

カフェでの瞑想では、木の素敵なスピーカーを使ってるんですが、この響きがたまらなく気持ちいいのです。

また機会があったら、皆さんにも体感して欲しいスピーカーです。

牛さん、のりちゃんお陰様で気持ちよく瞑想が続いてます✌️

ありがとうございます🌸

四国は徳島県三好市にあります「とりの巣カフェ」オーナーの冨美さんから、カフェで珪素瞑想をされた感想を頂きました。

冨美さん、ありがとうございます。

冨美さんもこの時に一緒に瞑想をされたお二人もこれまで瞑想されてたようですが、なかなか雑念が思い浮かんで思うように瞑想が出来なかった、と言われていました。

先日姫路での「珪素瞑想セミナー」を受けられて、早速ご自分のお店で珪素瞑想をされたらとても気持ちがよくて、毎日瞑想をしたいと感じて貰ったようでよかったと思います。

この時、ご一緒に瞑想されてた方が百会(第7チャクラ)にパワーを感じたと言われています。これは珪素瞑想をした時自分の一番強いチャクラにジーンとする感覚が得られますので、その体感だと思います。

これは人によって感じるチャクラが違います。

自分の中で一番活性しているチャクラが一番にジンジン感じてきます。感じるということは完全に瞑想状態に入っているということです。

雑念が無くなった瞑想状態というのは、このようにとても気持ちのいいものです。

この冨美さんはお店の木製のスピーカーを使ったと言われていますが、木製なのできっと心地よいウェーブを受けたのだと思います。

「とりの巣カフェ」は冨美さんの想いで、冨美さんの故郷である土地に念願の夢を果たしたとても落ち着くカフェです。

来られる人の中には「現代の社寺仏閣」と絶賛されるような日本建築造りで、店内はとても波動の高い空間に出来ています。


右・冨美さん 左はとりの巣カフェのロゴを作ってくれた冨美さんの同級生の佐々木久代さん。

その引き締まるような空気感は、来た人にとてもよい波動を与えてくれますので魂の浄化が勝手に起こり始めるようなスペースでもあります。

精神性を重んじるヒーラーやクリスタルボウルの奏者が、とりの巣カフェで活動をしたがるのもそういう理由からですね。

出来ればこの空間で「瞑想の会」みたいなのが発生して、多くの方が瞑想を楽しむようになってくれればとも思います。

「とりの巣カフェ」の空間を訪れた方を感動させてくれるとてもステキな空間なので、みなさんもぜひ一度訪れて下さい。

冨美さん、ありがとうございました。

➡とりの巣カフェオフィシャルサイト
➡とりの巣カフェfacebookページ
➡冨美さん/facebookアカウント

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. お遍路結願に起こったシンクロニシティは魂との交流?

  2. 珪素瞑想

  3. 潜在能力を高める最も重要な要素を教えます

  4. ウェイクアップ(覚醒)セミナーで潜在能力UP!イメージ伝搬(テレパシー…

  5. これから瞑想をはじめる人へ僕の経験的なお勧め瞑想グッズをいくつか紹介し…

  6. 瞑想は心のシャワー

  7. 瞑想とは外部情報を一切遮断し自分の軸に還るもの

  8. 精神性(スピリチャル)とロジカルを並列に学ぶのがSBアカデミーの特徴で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 43現在の記事:
  • 44今日の訪問者数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 47909総訪問者数:
  • 62298総閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: