サロン店舗出店公開プロデュース

十年来の友人の優子さんが加古川にアロマのサロンを出店するということで、全面プロデュースをお願いされました(^^)

優子さんは僕が2000年に神戸は三宮でカフェバーを経営していた時のお客さん。優子さんのお店も近所だったので、よく来てくれてました。

あれから10年以上が過ぎ、今度は加古川の牧歌的な場所にスクールを兼用した一軒家のサロンを出店するという。優子さんも女性特有の「ビジネスが苦手」ということでお願いされました。

[adsense]

立地条件は駅から離れた山の麓なので、交通事情はよくありません。美容系のサロンだと、どうしても駅前となりますが事の成り行きでそんなロケーションになったそうな。

まあ田舎的なロケーションと言えば、2015年にプロデュースした四国は徳島県の山のど真ん中にオープンさせたSBアカデミー会員の冨美さんが作った「とりの巣カフェ」を思えば、全然平気。

IMG_0135
➡とりの巣カフェオフィシャルサイト
➡とりの巣カフェ/facebookページ

「とりの巣カフェ」の体験から思えば、どんな立地条件でも集客出来るでしょ。

「とりの巣カフェ」だけは、最初行った時にはビビったねぇ。。(^^;

それでもオープンから店内が満席になり、全国から訪ねてくるお客さんもどんどん増えて、今では様々イベント使用の申し込みが殺到しているみたい。

雑誌、新聞、TVの取材も数多く西日本ではちょっと有名になっているようです。

ですので、今はあまり立地条件というのは「集客」においては、そう重要でなくなりました。facebookだのツイッターという口コミツールで、魅力的なコンテンツを作れば全国から人は集まる。

逆に行き難ければ行き難いほど、人は「行きたい!」とどうしても思う天邪鬼的な資質もあるので、余計魅力を増幅する条件にもなる。上手く使えば。

それと大事なのが、そのお店のコンテクスト(文章)。コンテンツは単体の商品やサービスのことだけど、もうそれだけでは人を引き付けて足を運ばせるには弱いのです。

重要なのはコンテクスト。

コンテクストというのは、単語と単語、コンテンツとコンテンツが総合したUSP。USPとはユニークな総合的な情報発信。イコール、強烈なコンセプトとなります。

このコンセプト次第で、そのサービスは流行るかそうでないかは決まる。

しかし多くの自営されている人は、このコンセプトが希薄です。だから集客に繋がらない。

今回手掛ける優子さんのサロンも、このコンセプト作りをまずは徹底的に学んで貰って魅力的なお店を作るお手伝いをしましょう。

プロデュースの内容は、一つのカテゴリーとしてリアルタイムで出来るだけオープンにして、解説的に進めていきます。

お店が出来るまでの実況中継、それもコーディネートを解説しながらという企画です。

乞うご期待!(^。^)y-.。o○

➡写真左は「Baby Leaf」オーナー
➡写真中は「美脳セラピーサロンかおりんハウス」オーナー
20160705_193736000_iOS
[adsense]

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. facebookページ運営のコツ【ストーリーを作る】

  2. 10000時間費やしたあなたの知識は必ず収入に変換出来る

  3. 商品の価格設定をする時に必要な考え方

  4. 自分らしく稼ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 82現在の記事:
  • 14今日の訪問者数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 73昨日の閲覧数:
  • 44504総訪問者数:
  • 57366総閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: