本は読む時代から読んで貰う時代になった!って知ってましたか?【iPhone音声読上げ機能】

前回の記事でOneNoteという電子ノートの便利な使い方をご紹介しました。ネット上でノートを特定の人と共有することで、文章をメールで送ったりすることなく受け渡しが出来るという優れものです。

しかしこのOneNoteには、さらに便利な機能があるので今回も引き続きご紹介します。

kindleの電子書籍は歩きながら読むことが出来る

みなさんは本をどのようにして読んでいるでしょうか?

「本屋で買って読む」

という方が大半だと思います。しかしすでにご存じの方も多いと思いますがAmazonがkindle(キンドル)という電子書籍を販売しています。すでに購入して手元のスマホで読んだことがある人ならその便利さは分かっていると思います。

まず、電子書籍はアナログの本と比べて所有するのに場所が要りません。すべて手元のスマホに収納出来るので部屋の本棚がどんどん増えていくことがありません。

そして読みたい本が「どこだったかな?」と探す手間も要りません。すべてスマホの本棚にありますので整理する必要も要りません。

実際の本を何冊も持ち歩こうと思えば、かなり鞄は重くなりますが電子書籍なら何百冊と持ち歩けます。

という理由で僕はkindleで同じ買える本なら、今ではすべてkindleで購入しています。

そして電子書籍kindleの最大に便利なポイントは、音声読み上げが出来るということです。音声読み上げ機能を使えば歩きながら本を読めるということです。(正確には聞くということです)

本というのは確かに知恵の宝庫だけど、すべてのページが重要というわけではありません。思い返して貰えばわかると思いますが、その本の中でも特に重要だと感じて覚えておきたい箇所というのはほんのわずかです。もちろんそのコンテクスト全体が重要だということはあるのですが、最も重要なポイントはほんの数行です。

後は筆者の自己紹介だとか、筆者の過去の体験なんかが長々書かれている場合が多い。実のところその辺りは導入部などで、覚える必要はない。

だからどうでもいい箇所は音声読み上げ機能で、だいたいどういうことを言っているのかをザーと把握さえ出来ればいいので、音声読み上げで内容把握は十分ということです。

まずはkindle本の音声機能を使った読み上げを実際に聞いてみよう。女性の声だけどまだまだコンピュータ音声という域を超えていませんが、聞き取ることに関しては問題ありません。

音声読上げ機能は実はkindleに備わっているものではなく、正確にはiPhoneに実装されている音声読上げ機能を使うのです。その設定はあとで解説しますね。


どうでしたでしょうか?

まあ感情豊かというにはほど遠いですが、意味は把握出来ると思います。

ではiPhoneの音声読上げ機能と、kindle本を音声読上げで聞く方法を以下解説しましょう。

まずはiPhoneの設定からです。

ホーム画面【設定】の中の【一般】をタップ。

【アクセシビリティ】をタップ。

【スピーチ】をタップ。

【画面の読み上げ】をオンにする。

以上でiPhoneの音声読上げ機能の設定は完了です。

kindleアプリを立ち上げて読みたい本をセットアップします。

読みたいページを開いたら人差し指&中指で画面上部から下部へスワイプします。この動作は少しコツがいるので失敗しても力加減、スピードを調整して慣れて下さい。

音声が読み上げてくれたら成功です(^^b

このiPhoneの音声読上げ機能は実は前回からご紹介しているg【OneNote】にも対応しているのです。

ですのでOneNoteに書いた自分の文章も、kindleのページを読み上げる同じ操作で読上げてくれるのですね。

僕はブログ記事の下書きはOneNoteで書いています。

仕上がった文章は最終的に誤字脱字を確認するのですが、自分で書いた文章を自分で校正するというのは実は難しいのです。

なぜなら書いた本人なので、こう書いたという思い込みがありますので、少しの間違いは読み流してしまうのですね。

目で見ながら校正するよりも、音声読上げ機能で読上げて貰って聞く方が間違いをチェックしやすいのです。客観的に聞けるということからだと思いますし、音声で話す言葉では違和感や間違いが聞き取りやすいと思うのです。

最後に一連の操作解説を動画にまとめましたので、文字では分かり難いという人はこの動画を見て聞いてご理解して下さい。

「お前は活舌が悪いのでiPhoneよりも聞きにくい」

とは、言わないで下さいね(^^;

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. iPhone自撮りする時のマストアイテム(秘密兵器)2品

  2. 本格的なバナー画像が簡単に作れるツール紹介【バナープラス】

  3. 【imovie for iPhone】スマホで撮影した動画をちょっと編…

  4. 超便利なデジタルノート【OneNote】

  5. 03.オートステップメール/全メール設定

  6. 02.商品登録の方法【easy my shop】

  7. KindleとOneNoteの便利なコンビネーション

  8. インスタグラムからWordPressへリンクを貼る方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 123現在の記事:
  • 14今日の訪問者数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 73昨日の閲覧数:
  • 44504総訪問者数:
  • 57366総閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: