インスタグラムの画像をブログに貼り付ける場合の注意点

前回の記事ではインスタグラムの自分の投稿を自分のブログ記事に埋め込む方法を解説しました。

インスタグラムから発行されるコードをコピーペーストするだけでいとも簡単にインスタグラムにアップした画像をブログ記事内で表示させることが出来ます。

では自分以外の人がインスタグラムに投稿している画像も同じようにブログに貼り付け出来るのか、と言えば同じ要領で出来るのです。

「え?」と思われる方はブログ運営をきちんとしたポリシーでされている方だと思います。

なぜなら画像には肖像権、著作権などという権利が発生して、その権利は破ってはいけないからです。

あなたが撮影したブログの写真を僕が勝手にダウンロードして、使った場合は法律に触れるということになります。

「な~んだ、やっぱりインスタグラムの人の写真は勝手に使ってはいけないんだ」と思われるかもしれませんが、実はそうでもないのです。

以下著作権の内容も踏まえて、その理由を解説します。

画像についてのインスタグラムのスタンス

まずインスタグラムの規約から見て、人の画像を使うことをどう表記しているのかということを見てみましょう。

➡インスタグラムの利用規約

この中でインスタグラムは「各種権利」の1項の中で以下のように記述しています。

Instagramは、利用者が本サービスに、またはこれを通じて投稿するいかなるユーザーコンテンツについても、その所有権を主張しません。

どこの国も規約というものは回りくどい分かり辛い言い回しを使うものです。要はここに書かれていることを平たく言えば「わてらはあんたが投稿した写真をインスタグラムに投稿したからってワシらのもんや、とは言わへんで~。いつまでもあんさんのもんやで~。安心しーや(柔らかい言い回しは大阪弁)」

と、まぁこう言ってくれているわけです。

しかしまたこうも言うわけです。

ただし利用者は、利用者が本サービスに、またはこれを通じて投稿するユーザーコンテンツを、Instagramがhttp://instagram.com/legal/privacy/に掲載されている本サービスのプライバシーポリシー(第3条(「利用者情報の共有」)、第4条(「弊社による利用者情報の保存方法」)および第5条(「利用者情報に関する利用者の選択肢」)を含みますがこれらに限りません)に従って利用する、非独占的かつ無料、譲渡可能かつ再許諾権可能な全世界を対象とした利用許諾を付与するものとします。利用者は、前述のプライバシーポリシーに記載されている方法で利用者のユーザーコンテンツおよびアクティビティ(利用者の写真を含みます)の共有範囲を選択することができます。

「ほんでわてらは心が広いのでインスタグラムにアップした写真はfacebookなりTwitterにも投稿してかめへんで~。わてらだけが独占しよ思てへんし。そのかわりあんたが写真提供したからいうて別に権利料は払わへんよ、そなこと当たり前やろ?それになタダで使わしてあげるかわりに、あんたの写真を他にも使わしてあげるかもしれへんで。それだけはわかっとってな?」

まぁ、そんな感じの事です。

ですのでこの意味を深く解釈すると、インスタグラムに投稿した写真の権利自体は投稿者にあるけど、この規約上インスタグラムによって相当広範囲であなたの写真を使いますよ、ということが書かれているという事です。

そういう意味でインスタグラムを使い始めた時は、アップする画像は全公開になっています。

写真の共有範囲を狭めるには自分で設定変更を替えなさいとも、規約に書かれています。

要はインスタグラムがこの規約から何がしたいのかと言いますと、ユーザーから集まった画像は出来るだけ利用者の多くで共有させたいと思っているのです。

その方がインスタグラムの利用価値が高まるので、さらにユーザーが広がっていきます。

インスタグラムの本音は集まった画像は、誰でも使えることが運営側にとってメリットがあると考えているということです。

外部利用が出来るショートコード機能

インスタグラムが集まる画像を誰もが使っていいよ、というスタンスは画像のショートコードの提供で簡単に出来る、というシステムに表れています。

どう考えてもそうでしょう?

個人の著作権を重きに考えているのなら、安易に画像を外部にリンク出来るシステムにはしていないはずです。

ですのでインスタグラムの画像はどれも、前回解説した方法で自分のブログに貼り付けられるという事です。

インスタグラムの利用者はどう考えるか

インスタグラムを利用する人の基本は自分が投稿した写真はやはり多くの人に見て貰いたいものです。

多くの人に見て貰いたいが為に、タグをいっぱい付けてより多くの人のフィードに表示しようとします。

ということは自分の写真を、誰かがその人のブログに表示して紹介してくれていたらどうでしょう?

僕なら嬉しく思います。

facebookならシェア、Twitterならリツイートにあたります。

著作権的にはどうか?

インスタグラムの画像をインスタグラムが用意しているリンクショートコードを使ってブログに表示させた場合を見て下さい。

キャプチャーというその人が書いたコメントと共に表示していることがわかりますでしょうか?

その人の画像を一旦自分のデバイスに取り込んで再投稿すれば、これは盗用になりますが、この形だと引用という形になります。

書籍の紹介でも引用文はOKなわけです。

上手い事考えていますね。

ですのでその人の投稿のまんま表示すれば著作権上もインスタグラムの規約上もOKということになります。

ちなみにこのインスタグラムの投稿者は湖上あさかちゃんというプロのモデルさんです。彼女にはすでに彼女のインスタグラムを自由にブログに使っていいという許諾を貰っているので、僕は自由に彼女の画像をいつでもどこでも使えるというわけです。

モデルさんなので自分の画像が広く露出することで、彼女も喜んで貰っています(^^v

そしてさらに三者が喜ぶように

このようにインスタグラム側がより自分のシステムが外部システムに露出することでユーザーが増えますのでOKなわけです。

そしてそれを使わせて貰うブログ運営者も出所がハッキリしている画像を使うことが出来るので嬉しいわけです。

例えば料理やお店を紹介したい場合、インスタグラムでその料理やお店の写真を検索で探してブログに掲載することが出来ます。

そしてその画像にはその料理やお店を基本褒めたたえるコメントが付いている為、とても臨場感を伴った画像になるわけなので単なる画像を使うよりも値打ちがあります。

お客様の声がその画像に一緒についてくる、ということになりますので記事自体の内容が高まります。

そして使われた画像主も自分が投稿した写真を、より多くの人に見て貰えるように紹介されたのと同じなのでやはりハッピーなわけです。

これが三者三様がハッピーとなる仕組みです。

さらに人情的に最善を考えたら

そして最後にリンクさせて貰う画像の所有者に直接メッセージでブログに使わせて貰ってもいいか、というお願いの旨の連絡入れたら完璧でしょう。

大抵は快くOKをくれるはずです。

というより逆に自分の写真をシェアしてくれる事に、普通の人ならお礼を言ってくれる人も多いです。

そうなればそれからはその人の写真は幾ら使ってもいいということです。

そういう風にコミュニケーションを取りながら、どんどん写真提供者を増やしていけばブログ運営もどんどん楽になり、そして人脈も出来るという一石二鳥となります。

気を付けないといけないこと

画像をリンク使用させて貰ったから全て大丈夫と思っても油断をしてはいけません。

その画像を投稿した人が著作権という事の知識が無く、知らずに著作権を犯している場合があるからです。

著作権を犯している画像をあなたが使った場合、それはあなたも同時に著作権を犯している事になるので気を付けて下さい。

そして表示されている画像というのは、あなた自身の画像を自分のサーバーにUPしたものではないので、何らかの理由により投稿画像を削除される場合があります。

俗に言うリンク切れですね。

そういう事も発生する可能性がありますので気を付けて下さい。

まとめ

以上のようにインスタグラムというのは画像に特化した非常に便利なSNSです。

そして2018年もまだまだインスタグラムの利用者は増えると思います。

まだインスタグラムをしていない、という人はこういうメリットがたくさんありますのでこれを機会にはじめてみては如何でしょう。
当ブログもこれからもインスタグラム情報は定期的に発信していきます。

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. インスタグラムのパスワード忘れでロゴだけ表示される場合の解決策

  2. インスタグラムのビジネス活用術美容師さんの場合

  3. インスタグラムからWordPressへリンクを貼る方法

  4. インスタグラムの画像をブログに埋め込む方法

  5. インスタグラムとWordPressを連動しフォロワーを増やす方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 167現在の記事:
  • 34今日の訪問者数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 146昨日の訪問者数:
  • 190昨日の閲覧数:
  • 57862総訪問者数:
  • 77366総閲覧数:
  • 135一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: