女性に理解して貰える文章の書き方

女性と男性ではその文章の読み方に違いがあるということをご存知でしょうか?

ブログを書く人は多いと思いますが、そこまであまり考えたことはないのではないでしょうか?

今回はその男性と女性の文章の読み方の違いというところから、どんな文章を書けば自分が希望するターゲット層に届く文章になるのかという事を解説します。

読み方の違いは男性脳vs女性脳に有り

男性の脳は男性脳、それに比べて女性は女性脳とはどこかで聞いたことがあると思います。さらに少し詳細に言えば「男性性的な考え方」「女性性的な考え方」ということに分けられます。

男性脳、つまり男性性的な思考とはどういうものかといえば、それは一言で「ロジカルシンキング」です。ロジカルシンキングとは物事を理路整然と考える思考です。理路整然とは、1から考えてそして2、その次には3と物事を順序立てて考え積んで答えを出すみたいなイメージですね。

それに引き換え女性脳、女性性的な考え方とは「フィーリング思考」です。フィーリングとは言い換えれば感覚的、とでも言いましょうか。なにせピョンピョンピョーンみたいな感じです。(よくわからんですわな、おそらく男性には)

僕のお客様はその大半が昔から女性です。

ですのでこちらの伝えたい事を上手く伝えるために、その辺りのことは気が遠くなるほど観察して考察を重ねてきました。感覚的にはなんとなく分かってきたのですが、なかなか説明するまでには至りませんでした。

しかし今回は敢えて挑戦します!

男女の文章の読み方という観点から考えますと、男性は文章を順番に読むのですが、女性はまず文章を読みません。いえ、読んでいるのですが男性の読み方とは大きく違い、僕から言わせるとすべてをまずは読まない、というのが大きな違いです。

では女性はその文字表現をどのように理解しているのか、という事になります。女性は文章はパッパッパと見ます。けっして最初から熟読しないのです。

まずはその書かれている文章が読み易いか、そしてその文章に自分の興味ある内容があるのか、ということを感覚的に読み取ります。この読み取るという部分の能力は高いです。自分にとって必要か否かが、瞬時にわかります。

そしてその文章に自分にとってメリットがあると分かった場合、少し読み始めます。しかしその読み方も男性が最初から理解しようとする、読み方とは違います。

では何を基準にして文章を眺めるのか言えば、そこの文面にある「キーワード」です。

実はこれがとても重要なのです。

読み方の違いは男性脳vs女性脳に有り

まず男性で女性がどのように情報を感知したり理解しているのかを分かろうとすれば、近所のコンビニに行ってどれでも女性のファッション誌を数冊買って読めば分かると思います。

分かると思いますと言っても、読んでも分からないと思います。何言ってるねん、と思うかも知れませんが、男性性の強い男には女性のファッション誌というのは凄く読み難いものなのです。

まぁ女性に言わせると読むものではなく、観るもだと言うでしょうね。

さらに女性コミック(女性用漫画)を読めば、そのコマ割りに戸惑うと思います。どの順にコマを読んでいったらいいか慣れるまでわからない。

でも女性は女性誌もいたって簡単に情報収集するし、レディースコミックだって全然読み難いなんて思ってない。

なぜ男性は女性の情報誌を読み難いのか、というのは僕もかなりの時間を要して解った。それはやはり脳が違うからです。

男性はやはり直列思考なわけです。それに比べて情報収集する女性脳は並列的に動いているのです。言ってみれば同時に複数の情報を苦労することなく、簡単にインプット出来るものなのです。

だから男性脳ではどこをどう進めていいか分からないファッション誌の眼の動かし方も、レデュースコミックのコマ割りの無いようなストーリー運びもパッパッパと感覚でわかるのだと思うのです。

それがまさしく男性脳と女性脳の違いだと思います。

女性と一緒に暮らした男性は知ってると思います。

歯を磨きながら雑誌をめくり、チラチラとTVを見て、さらに音楽を聴いている、さらにはその状態で会話も出来るのです!その光景は僕から見ればアンビリーバボーに尽きました。今では見るのは慣れましたが。

女性に重要なのはキーワード

ブログ記事を書く上でよく「キーワード」が重要ということはどこかで聞いたことがあると思います。

そのキーワードの重要性には実は2つの意味があります。1つ目の重要さは検索エンジンに表示される為のSEO対策で必要という意味です。

もうひとう重要なのが、読者の興味を引く為に必要なキーワードです。

特に女性は前述したようにパパパのパと、一瞬にしてそこに書いている文章のレイアウトから読み易さ、そこに大凡何が書かれて、その書かれている文章は自分にとってメリットがあるのか否か、ということを瞬時にはじきだします。

この瞬間的な判断に重要なのがキーワードとなるのです。

では、どういうキーワードが必要なのかと言えば、自分が引きつけたいと思っている読者ターゲットが常に頻繁に日常的に使っている言葉、センテンスなわけです。

自分が知っている用語、言い回し、そしてキーワードがその文章内に見られる時、読者はこの記事は私に必要なんだと感じます。

そしてその用語が専門用語ならずとも、知っている人しか知らない用語であるならなおさら、その読者は「この記事を書いた人はわかってるなぁ」とも思います。

この辺りは何も女性だけに限らず男性も同じです。

文面に散りばめられたキーワードで、自分にとって必要な文章であるか否かを判定します。

例えば男性向けの以下のような文章。。。

性能の向上にも意欲的に取り組んでおり、300キロ近く出るメガスポーツのZZR1400や、高性能600ccスーパースポーツZX-6R、高性能ストリートファイターZ1000など、非常に素晴らしいラインナップが揃っています。ただしこれらは外国向けで日本ではまだ比較的おとなしいラインナップですが、それでもDAEGは6速ミッション搭載の高性能スポーツネイキッドですし中型にしても専用設計されたNinja250をラインナップしていたりと勢いが他のメーカとくらべて抜きん出ています。

女性の方ならこの文章を見てもチンプンカンプンだと思います。男性でも興味の無い方は何か機械のスペックみたいなことを書いているくらいは分かると思いますが、興味は出ないと思います。

これは国内の「カワサキ」というバイクを説明した内容です。

興味ない方ならこんな記事がネットサーフィン中に出て来ても、あきらかに即スルーだと思いますが、カワサキのバイク好きならこの「ZZR1400」「ZX-6R」「Z1000」「DAEG」「Ninja250」などが超強力なキーワードとなって文章を読み進めだすというわけです。

以上説明してきましたように、読者の興味を引く文書というのはまず自分が引き寄せたいターゲット層を明確に意識して、その層が普段使っている言葉の言い回し(フレーズ)、専門用語(キーワード)を文章内にちりばめることが肝要です。

女性読者は字面をきちんと読まず、まず文面全体に自分と関係があるキーワードがあるかどうか、そして自分にヒットするキーワードがあれば読んでいくという流れです。

しかし女性というのは文章を読んでも、自分の都合のよいように変換読みしますので、こちらが意図して書いた内容とは全然違う意味で理解している、というのも女性脳の特徴です。

それらを少し理解していれば、女性にヒットする文章というものが書けるようになると思います。

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. ブログ記事は1記事1テーマが原則

  2. 読者を呼び込むブログタイトルと記事タイトルの付け方

  3. キャッチコピーの作り方/セールスレター(1)

  4. ブログ記事テーマの基準はどこに設定するか?

  5. ブログ記事って何を書いたらええねんッ!

  6. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(2)

  7. ラダリング法/セールスレター(2)

  8. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(4)

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 237現在の記事:
  • 92今日の訪問者数:
  • 134今日の閲覧数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 147昨日の閲覧数:
  • 54501総訪問者数:
  • 72314総閲覧数:
  • 83一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: