キャッチコピーの作り方/セールスレター(1)

セールスレターとは、商品やサービスを売ることを目的に書かれるページのことです。ですので、そのページの目的は読者が読み終わったと同時に「購入する」「申し込む」というボタンをクリックして貰うことです。

目的はそれだけであり、それ以外にありません。

精度の高いセールスレターを書こうと思えば、越えなければいけない幾つかの条件があります。それを超えることが出来ないと成約まではいきません。

セールスレターに必要な条件。越えなければいけない壁をシリーズで解説していきます。

キャッチコピー(ヘッダー)

まずセールスレターというのはある決まった構成があります。それを周到すれば効果が高いと言われるものです。ドラマで言えば「起承転結」みたいなものです。

セールスレターの冒頭に必要なのが「キャッチフレーズ」あるいは単に「フッター」と言われるキラーセンテンスです。

その短いフレーズを読むだけで、なんとなく必要性を感じたり、そのレターを「読もう」というコピーのことです。

短い文章だけど、実は長い文章よりも短くてインパクトある文章の方がよほど難しい。

作るコツは、、、

いきなりインパクトがあり、内容が直観的に伝わる気の利いたフレーズなんてプロのコピーライターでもそうそうに思いつきません。

ましてや素人がパッと浮かぶはずもない。

では、どうするか?

自分が売りたい商品、サービスの特徴、お客様から見たメリットなどを思いつくままメモに書くなり、カードに書くなりして、その書いたものを200集める。書くときは思いつくままでいいので、表現や体裁などは考えない。

そして出来たカードを200枚を並べて、眺めます。そしてそのカードを組み合わせてみたり、複数枚を繋いだりして眺めます。

考えようとせず、眺めるというのがコツです。

そうしていると、そのフラグメント(断片)の組み合わせからある時パッとフレーズが浮かび上がる瞬間があるので、それを瞬時にすくい上げるのです。まさしくすくい上げるという感覚です。

次回は「ラダリング」という顧客メリットの見つけ方を解説します。

The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 男性と女性での文章の読込の違い

  2. 女性に理解して貰える文章の書き方

  3. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(2)

  4. (2)文章レイアウト今昔【PC操作】

  5. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(4)

  6. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(3)

  7. 読み手の心情に入り込む文章テクニック

  8. ブログ記事って何を書いたらええねんッ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 104現在の記事:
  • 50今日の訪問者数:
  • 74今日の閲覧数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 47915総訪問者数:
  • 62307総閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: