想いを綴る/セールスレター(3)

セールスレターというのは自分が取り扱っている商品なりサービスを、顧客となる読者が読み、最終的には「購入」という行動を起こして貰う為のページです。

その為には、読み手に何を与えれば「行動」を起こして貰えるのか、という事を常に考えてそれを表現する必要があります。

概ね間違えているセールスレターのページは、商品なりサービスの説明に重点を置き、心に響く部分が抜け落ちています。

人はそこに「感動」があり、自分もその感動を得れると心を揺り動かされて「購入しよう」と響くのです。

けっしてチラシのようなだけの説明文に人は「感動」を伴うものではありません。

具体的な説明にプリザーブドフラワー教室をしている、SBアカデミー会員のりなちゃんの商材で説明します。


➡プリザーブドフラワー「ルーチェ」

彼女が作るプリザーブドフラワーの利用用途にブライダルシーンがあります。ブライダルというのは、とてもドラマティックなので物語要素がたくさんあります。

結婚する二人のストーリー。

新郎新婦らと、その両親とのストーリー。

二人を繋いだ友人とのストーリー。

やはり恋愛というドラマティックな上での最終形となるウェディングシーンには、それなりの感動秘話があります。

それを効果的な短い物語として、セールスレターに入れることにより、そのフラワーの持つ意味合いが違ってきます。

また、そういう感動的な表現が出来る取扱者に読み手は共感するということになるからです。

セールスレターで最も必要な要素は、そのレターを読む読み手のテンションを上げることです。行動の前に必要となる要素が「感情」だからです。感情が高ぶり、意欲が出てきて、最終的に購入という行動を起こします。

これが人の「心の仕組み」です。

[adsense]
The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. 男性と女性での文章の読込の違い

  2. ブログ記事テーマの基準はどこに設定するか?

  3. 読み手の心情に入り込む文章テクニック

  4. 釣り好きが高じて売り上げが3倍になった電気屋物語

  5. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(2)

  6. ストーリー作り/セールスレター(4)

  7. 読者を呼び込むブログタイトルと記事タイトルの付け方

  8. ブログ記事は1記事1テーマが原則

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 62現在の記事:
  • 51今日の訪問者数:
  • 75今日の閲覧数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 47916総訪問者数:
  • 62308総閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: