釣り好きが高じて売り上げが3倍になった電気屋物語

僕がヒントをあげたことで、ゴンちゃんが水溶性ケイ素テラシリカのことを独自見解によって最近はおもしろい記事にいつも仕上げています。

これは自分が取り扱っている商品の内容的には直接関係ないことだけど、果たして効果はあるのか?

ということを今回解説します。

解説するにあたり、ある実例を出しましょう。

[adsense]

無茶苦茶「釣り」好きな、街の小さな電気屋がおりました。

彼は店の宣伝のためブログを作りました。

最初は電化製品の記事を書いていましたが、徐々に業務的な記事を書くことがおもしろくなくなりました。おもしろくなくなるとネタが尽きてきます。

でも何か書かないといけないと思いましたが、毎日のアクセスも全然増えないので半ばヤケになって自分の大好きな釣りネタの記事を書きました。

釣りは死ぬほど好きな分野なので、書くこと自体に夢中になれてなんら苦もない。まして一度釣りの事を書けば、あれも書きたいコレも書きたいとなって、記事はとても速いスピードで更新され出しました。

すると、あれほど上がらなかったアクセス数が釣りネタに替えて更新し出してからうなぎ上りに増えてくる。

「ありゃ、どうしたものか」と思いましたが、アクセスを考えるよりもその時にはブログ記事に付くコメントも増えて、それが書く意欲となりさらに釣りネタ記事は増えていく。

特に小学生からしていた釣りなので、ネタは尽きることなく無尽蔵にある。季節ごとに釣れる地元のポイントなどは誰よりも知っている。それを書けば、一挙にアクセスが上がる。

「へえ~、世の中には俺みたなマニアックな釣り好きもいるんだ」と思いながら、自分のブログファンになってくれた釣り好きな人に向かってどんどん記事を書いていきました。

もう電気屋のブログとは思えないほど、完璧な釣りブログとなっています。電気屋の内容は当初書いたわずかな記事と、サイドバーに貼られたバナー画像のみ。どこから見えても釣り専門のブログと化してしまいました。

すると、予期せぬ事が起こり出しました。

いつもの如くお気に入りの釣り場で休日釣りを楽しんでいると「○○さんじゃないですか?」と同じ釣り人風な人が声をかけてきた。「はぁ、そうですが」と答えると、相手は半ば感動したように近づいてきて「いつもブログ拝見しています。まさか釣り場で、○○さんに会えるなんて夢のようです!」と喜んでいる。

思ってもみない自分のブログファンの人に会えて、釣り好き電気屋はなんだか自分も感動してしまいました。

そして嬉しさのあまり、その出来事をブログに画像付きで記事にすると、読者ファンからは次の休日は何処で釣りますか?

みたいなコメントが付きだして、いつしか釣り場では自分を慕う人たちが自然と集まり出しました。釣った魚でBBQをしましょう、との誰かの提案で定期的なBBQが始まり出しました。

もうそうなってくると、参加した人たちも自分のブログでその事を書くようになり、ますます釣り好き電気屋さんは釣り人仲間で一躍人気者になりました。

そうしていると、またまた予想外な流れが起こり出します。

誰かに「○○さんって電気屋さんなんですね?」と、聞かれました。「はい、そうですが、どうして知ったのですか?」と聞けば、ブログを遡って読んでいたらブログの最初の頃の記事に電化製品の事が書かれれていたので、知りましたということでした。

そして、聞いてきた人は古くなったパソコンを買い替えようと思っていた時期なので、パソコンも購入できますかと尋ねられ、当然販売することは出来ますと答えると簡単に注文を取ることが出来ました。

実はあの釣り名人は電気屋さんで、電化製品は言えば売ってくれる、ということも釣りファンの中でいち早く口コミで広がり、それ以来電化製品の注文も読者ファンから来るようになったということなのです。

それ以来、釣りブログの中でも決まった曜日にだけお勧め電化製品の記事を投稿するようになります。そうすると紹介した電化製品はブログ記事のUPと同時に複数の注文が舞い込んできました。

ブログを書き始めの頃には考えもしなかった現象です。

それからは電化製品のネットショップも作り、地方配送の体制も整えることにより売り上げも3倍近くになったということでした。

このように、、、

自分の直接の商売とは全くかけ離れた情報でも、それを上手く使えば自分のビジネスにプラスされるという例です。

なぜなら「釣り」好きな人は全国にたくさんいます。しかし、その釣り好きな人でも家ではたくさんの電化製品を使っています。買い替えの時期になると「そうだ、あの釣り名人さんは電気屋さんだ、どうせ買うなら知らない店で買うよりもあの名人から買いたい」と思うのが人情です。

この構造が僕が提唱しているコミュニティビジネスというモデルです。

強固なコミュニティでは、そのコミュニティを主宰している人が薦めたものは、その信頼の上でなんでも販売することが出来る、という法則です。

ですので水溶性ケイ素を販売しているゴンちゃんも、これからもどんどん自分の好きな分野での記事をより深めて、自分がまず楽しむブログを続けることです。

そうすることで、ゴンちゃんの創り上げるゴンワールドのファンが出来ます。そういうファンの人は、ゴンちゃんが薦めるものを買いたいと思ってくれます。

ですので、自分の理想とする世界を突き詰めていくのがビジネスを成功させる秘訣です。

これが僕が指導する、牛流マーケティング手法です。

[adsense]
The following two tabs change content below.
牛(うし)
牛(うし)
最後までお読み頂きありがとうございました。内容は参考になりましたでしょうか?ご感想ご意見などありましたら【こちら】からお気軽にアクセス下さい。またこのサイトの更新情報をスマホで受けて頂ける場合は【こちら】をクリックして登録して下さい。
 

関連記事

  1. (2)文章レイアウト今昔【PC操作】

  2. 想いを綴る/セールスレター(3)

  3. 男性と女性での文章の読込の違い

  4. 女性に理解して貰える文章の書き方

  5. 個人事業家のブログ活用集客術シリーズ(4)

  6. ブログ記事テーマの基準はどこに設定するか?

  7. ブログ記事は1記事1テーマが原則

  8. 読者を呼び込むブログタイトルと記事タイトルの付け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ご訪問ありがとうございました!

  • 97現在の記事:
  • 34今日の訪問者数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 146昨日の訪問者数:
  • 190昨日の閲覧数:
  • 57862総訪問者数:
  • 77366総閲覧数:
  • 135一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月25日カウント開始日: